ドメインとは-初心者にもわかるように説明してみました

独自ドメイン云々の前に、ドメインについてよく理解していない方もいらっしゃると思います。

そこで、「ドメインとは」についてお話していくことにしましょう。

ドメインは住所である

ドメイン(Domain)とは、ウェブ上の個々のサイトの識別の名称のことです。ウェブ上の住所みたいなものだと考えてください。ドメインは(原則として)世界中で通用し、2つとして同じドメインは存在しません。ですから、ドメインがわかれば、特定のサイトにたどり着くことができるのです。

インターネットの世界は、いわばバーチャルな世界です。実社会のように、特定の場所へ行きたい場合は住所があればたどり着くことができます。だから、「どこどこに行きたい」と思えば、住所がわかれば良い。

しかし、インターネットではそうはいきません。場所という概念がありませんので、たどり着くことができません。探す材料がないのです。

そこでドメインなのです。

個々のドメインは、固有のもので世界に一つしか存在しません。だから、正しくドメインがわかれば、特定のサイトへたどり着くことができます。

ドメインとURLの関係

具体的にドメインってどんなものでしょうか?下の文字列をみてください。

PCやスマホの、上端に、下のような(黒丸も文字列ですよ、念のため)文字列が表示されていることに気づかれませんか?

当サイトのトップページですと「https://www.bibliotecaitrc.net/」と出ているはずです。もしかしたら、「https://」の部分は表示されていないかもしれませんけど。

この英字文字列を「URL(ユーアルーエル)」と言います。これはまさにご覧になっているページのサイトの住所です。下の文字列でいうところの➀ですね。

ドメイン

そして、ドメインは⓶の部分ですね。

当サイトでいえば、「bibliotecaitrc.net」の部分。この文字列は、世界に一つしかありません。ですから、この文字列通りに検索すると、一番上にはこのサイトが表示されるはずです。

このように、ドメインというのは、サイトのページの住所を示すURLの基礎をなすものであり、URL文字列の一部になるものなのです。

トップレベルドメインとは

URLの基礎となり、かつ、一部を成すドメインについて、さらに細かく見ていきましょう。

ドメインとは⓶の部分だとお話しましたが、「〇〇」の部分は任意で決めていく部分の文字列になります。当サイトで言えば「bibliotecaitrc」の部分です。その次にある「.com」、③に部分ですが、ここをトップレベルドメイン(TLD)と言います。このサイトでいうところの「.net」の部分です。

有名なのは”.com”ですよね。「ドットコム」だけでも通用しますよね。このように、TLDはたくさんの種類があり、独自ドメイン取得時に選ぶことができます。種類によって取得料が違いますので、その点は注意が必要ですけど。

TLDの違いとは

このトップレベルドメイン、目的や業種別で区別はされています。下、主なTLDの意味を表にしたものです。

もっとも、それぞれ違いはあるようですが、昨今ではその違いにそれほど大きな意味を持つものではありません。

ただし、一部留意していただきたいドメインはあります。”.jp(ジェーピードメイン)”ですが、これは日本を所在地とする組織ならば取得できるドメインですが、取得料も最も高いです(年間で数千円)。そういう意味では信頼性は高いドメインと言えます。取得の際の参考になれば。

昨今ではTDLの種類によってどうこうというのは、一部を除いてあまり考えなくても良いと思います。誰もが選ぶようなTDLで良いと思いますよ。ちなみに、世界で最も取得されているTDLは”.com”です。

参照:トップレベルドメインの種類-あなたはどのTLDを選ぶ?

まとめ

以上、ドメインとは、インターネット上の住所みたいなものであること、URLの基礎であり一部をなすものであること、トップレベルドメインについて簡単に説明しました。

細かく専門的なことはまだまだありますが、それは興味や必要があれば学べばいいことで、初心者の方hまずは基本的なことを押さえておきましょう。ここからがスタートですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする