トップレベルドメインの種類-あなたはどのTLDを選ぶ?

TLD

ドメインとはどんなもの?ということについてはこちらでお話しましたので、さらにお話を進めていきます。

ドメインには任意で決めれる文字列の部分とトップレベルドメイン(以下、TLD)と呼ばれる部分があるわけですが、このページではトップレベルドメインと呼ばれる部分についてもう少し詳しくお話することにします。

TLDにはいくつか種類がありますので、それを紹介しておきましょう。皆さんが今後ドメインを取得する際において、参考になる部分もあると思いますので知っておいて損はないです。

TLDについては、上のリンク先で解説していますので必要な方はどうぞご確認ください。

トップレベルドメインの種類

TLDの種類に入っていきますが、みなさんは知っているTLDはありますか?有名なのは”.com”ですよね。「ドットコム」という言葉、一度でも聞いたことがあると思いますが、まさにTLDのことなのです。

TLDにはこの「.com」をはじめたくさんの種類があります。「.net」とか「.jp」とか「.biz」とか。それぞれ、一応意味がありますので、主なTLDとその意味を表にしてみましたので参考にしてください。

TLD ひとこと
.com 「ドットコム」。商用利用を前提としたTLDです。誰でも取得可能なので、世界中で最も利用されているTLDになります。
.net 「ドットネット」。ネットワーク事業の利用を前提としたTLD。誰でも取得可能。
.info 「ドットインフォ」。情報サイトの利用を前提としtsTLD。誰でも取得可能。
.biz 「ドットビズ」。ビジネス用途を前提としたTLDです。誰でも取得可能です。
.org 「ドットオルグ」。”org”とは”organizarion”、組織・団体のことでそれらの利用を前提としたTLD。誰でも取得可能。
.jp 「ドットジェーピー」。国別コードのTLDで、こちらは日本の意味です。日本に住所がある組織・団体・個人しか取得できません。”.co.jp”というTLDをよく目にすると思いますが、日本国内に登記がある法人のTLDのことです。
.edu 「ドットエデュ」。”education”のことで教育機関に割り当てられるTLD。アメリカの教育機関での利用に限定されています。
.go 「ドットジーオー」。日本の政府機関・行政機関・独立行政法人に利用が限定されるTLDです。

あくまで主だったTLDにすぎません。まだまだ他にTLDは存在します。

TLDの違いとは

上の表にどういったTLDかは書いておきましたが、利用が限定されるTLDを除けば、あまり意味をなさないのが現実です。誰でも取得できる以上、それはやむを得ないところでしょう。

結局、同じドメインでもTLDを変えれば取得できるということはよくありますから、みなさんもその辺はあまり気にしなくていいと思います。

ひとつの目安ですが、TLDによっては取得料や更新料が異なります。例えば、.jpは取得料・更新料共にその他のドメインの倍程度しますし、ここではご紹介していないTLDで数十円で取得できるものもあります。

ドメインの用途がすでに決まっているのであれば、必要に応じてジェーピードメインを取得するなりやすく取得できるドメインにしたりすればいいのかなと思います。

そうでなければ、最も無難かつ利用者の多いドットコムが良いのかなと個人的には思います。取得料・更新料共に手ごろですし。

まとめ

以上、トップレベルドメイン(TLD)には種類がありその主だったものをご紹介しました。

繰り返しになりますが、一応、TLDには当初の利用意図はありますが、事実上あまり気にして取得しなくてもいいと思います。

取得料・更新料を気にしてTLDを選ぶのもいいし、法人として箔を付けたいのであれば”.co.jp”を取得するのもいいでしょう。

いろいろなTLDがあるんだねーと頭に入れておいていただければ役に立つ時が来るかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする